長い歴史で培ったノウハウ・信用を最大限に活かし”幸せ”を提供します

株式会社ヱビス製袋所 沿革

沿革

沿革
  • 昭和3年4月
    故萩原誠三が大阪市生野区において萩原紙袋店を創業
  • 昭和20年
    戦災にて店舗焼失
  • 昭和22年
    浪速区恵美須町においてヱビス製袋所として再興
  • 昭和28年
    第1工場【新設】輪転製袋機設置
  • 昭和32年
    第2工場※玉出【新設】
  • 昭和33年
    法人設立 角底製袋機導入
  • 昭和38年
    第3工場【新設】
  • 昭和46年
    本社営業所を大阪市西成区玉出に移転
  • 昭和48年4月
    和歌山工場設立
  • 昭和59年4月
    和歌山営業所開設
  • 昭和60年6月
    事務所処理合理化のため、コンピューター導入
  • 平成元年12月
    和歌山営業所増設
  • 平成7年7月
    食品卸業に進出
  • 平成11年4月
    高知営業所開設
  • 平成12年8月
    黒部の氷筍水の販売開始
  • 平成14年6月
    肥料販売開始
  • 平成14年7月
    合理化の為、倉庫工場を統合。本社物流センター開設
  • 平成15年1月
    環境商品の開発販売を目的に環境事業部を開設
  • 平成15年4月
    長野営業所開設